知って得するインソールの豆知識

靴の寿命に関するアンケート結果

2月になりました!

今年は2月でも暖かい日が多い気がします。ただ暖かい日は嬉しいんですが、花粉も本格的に飛ぶので複雑な気分です。今年は症状が悪化しないことを祈るばかりです。

花粉症の方は対策をしっかりしてこの時期を一緒に乗り切りましょう!

さて今回の「知って得するインソールの豆知識」は靴の寿命に関するアンケートということで事前に皆さんにご協力いただいたアンケート結果をご紹介していきたいと思います。今回のアンケートは実施期間が短かったのですが、29名の方にご協力いただきました。

本当にありがとうございました。

アンケートの年代、性別での構成は下記の通りとなりました。

それではアンケート結果を見ていきましょう。

質問1. 普段一番履いている靴はなんですか

集計結果は下記の結果となりました。

圧倒的に「スニーカー」を履いている方が多いようですね。普段から履ける点といつもは「革靴」や「ビジネスシューズ」を履いている人がリモートワークで「スニーカー」を履いているのかもしれません。次に多かったのが「ビジネスシューズ」、それ以降が「革靴」「パンプス」の順となりビジネス系の靴の需要が目立つ結果となりました。

質問2. 靴の寿命を感じる時はどんな時ですか(複数回答可)

集計結果は下記の結果となりました。

「靴底がすり減った時」が男女ともに多数となる結果となりました。普段あまり意識しないところですが、ふと気づくと結構すり減っているんですよね。次に多かったのが「傷や穴が空いた時」となりました。私も経験があるのですが、雨の日に出かけた時に靴への浸水がやけに早いなと思ったら靴に穴が空いていました。次以降が「汚れが落ちない時」、同数で「ニオイが取れない時」「履き心地が落ちた時」と続きました。

質問3. 靴の寿命を感じるのは大体どれくらいの時が多いですか

集計結果は下記の結果となりました。

男女ともに多数となったのは「2年~3年」となりました。やはりこれくらい履くと靴自体に傷みが出てくるのでしょうか。私も普段ビジネスシューズをよく履きますが、大体これくらいで交換することが多いです。次に「1年~2年」「半年~1年」の順の結果となりました。私的には少し早く感じましたが、履いている時間などで靴へのダメージも違いますので、寿命が早いのかもしれませんね。そのあとは「3年以上5年未満」「5年以上」と続く結果となりました。

質問4. 靴を長く履くためにやっていることはありますか(複数回答可)

集計結果は下記の結果となりました。

「複数履きをする」が一番多い結果となり、次いで「よく乾かす」が多い結果となりました。この結果を見ると靴が水分や湿気から傷みやすいと考えている方が多いのが分かります。その次が「靴ベラをつかう」となりました。こちらはもっと多いかと思いましたが、靴ベラは長く履くためというより靴を履きやすいように使うイメージでしょうか。次いで「何もしない」。私的には意外と多い結果でした。最近は比較的購入しやすい金額の靴も増えているので消耗品としての考えもあるのかもしれないですね。今回の結果で意外と少ないなと思ったのは「靴修理店を利用する」でした。ビジネスシューズでは修理できないものがあったりしますし、最近はスニーカーを履く方が増えている事も影響しているのかもしれないですね。

質問5.  靴の寿命を感じた瞬間・エピソードがあれば教えて下さい。

ここでは数名の方のエピソードをご紹介していきます。

・気に入ってずっとはいてた靴の底に穴があいた瞬間。すごいショックでした。

それからはなるべくすらないで歩くようになりました。(10~20代女性)

・外出中に、接着しているところが剥がれ、びっくり!友達が先に見つけ、知らせてもらい恥ずかしかったな!(60代~女性)

・足の臭いが取れなくなった時に買い替えることを考えます友人の家を訪れたときに靴を脱いだ瞬間臭いと言われました靴下は替えているのになぜ臭いのか恐る恐る靴の臭いを嗅いだら鼻が曲がるくらいの臭さで靴に足の臭いがしみ込んでいました。買い替えると思った瞬間です。(50代男性)

・足に慣れたころに寿命が来る(40代女性)

さて今回の「知って得するインソールの豆知識」はいかがだったでしょうか。

靴の寿命を感じる時は人それぞれあるとおもいましたが、「靴底がすり減った時」が大多数でした。すり減りを感じるのが大体「2年~3年」という方が多いのかもしれないですね。

また、靴を長く履くためにやっていることでは「複数履き」や「よく乾かす」も多く出ていました。アシートは湿気をよく吸ってくれるので、靴を休ませる際や湿気を吸ってもらいたい時におススメです!

それでは次回の「知って得するインソールの豆知識」をおたのしみに。


■バックナンバー

以前の記事を見る

ページトップへ戻る